結婚内祝いの選び方

参列者の人数によって決める!

結婚式が終了した後に新郎新婦が行わなくてはいけないのが、結婚内祝いを結婚式に参列してくれた人々、さらには結婚式には参列することができなかったけれども、お祝いをいただいた方への結婚内祝いを贈ることです。このタイミングは結婚式が終わってからできるだけ早く行うのが礼儀と言えるでしょう。ここで大人の対応をしっかりと行っておくことで、よくできた夫婦と思われるでしょう。 結婚内祝いと一言で言っても、実際のところ何を贈ったら良いのか悩むケースは少なくありません。ポイントは結婚内祝いを贈る人々の人数で決めてみると良いでしょう。たいていが結婚式に参列してくれた人が対象になるので、どれくらいの人数が参列してくれたかで贈る内容を決定します。

人数が多い時はカタログがおすすめ

結婚式に参列してくれた人が多ければ、結婚内祝いを贈る人数は多くなります。人数が多くなれば多くなるほど、ひとりひとりに対して結婚内祝いを決めていると時間もかかりますし、さらに誰に何を贈ったら良いのかとても悩むでしょう。悩まなくて済むのがカタログギフトになりますので、おすすめです。 カタログギフトには金額別に冊子がありますし、内容別にも冊子が用意されています。どの金額で、どの種類にするか、たったこれだけを決めることで結婚内祝いを贈ることができます。受け取る側も冊子の中にある商品の中で欲しいものを選択することができますので、今一番欲しいものを注文できるというメリットがあります。これなら双方にとって満足のいく結果となるでしょう。

© Copyright Congratulatory Gift. All Rights Reserved.