友人への結婚内祝い

カタログギフトなら万人受け間違いなし

結婚のお祝いに対して内祝いを返す際、親戚か友人かによっても違ってきますが、どちらでも喜んでもらえるのがカタログギフトです。頂いたお祝いがどれぐらいの金額のものか判断し、その3分の1~半分程度の予算で選びます。カタログギフトの種類は多数あり、値段もピンキリです。グルメに特化したものから、体験型のものまで幅広くありますので、相手のニーズを考えて選びましょう。

カタログギフトであれば、どれを選べばいいか迷うということもなくなります。貰った相手が自分が欲しいというものを選び、オーダーすれば自宅に届けてくれるのでハズレを引くことはないでしょう。贈るものに困っているという人は、カタログギフトにしておくと安心です。

友人の好みを知っているならその中からプレゼントを選ぶ

友人への結婚内祝いを返す際、関係の深さによって相手が喜ぶものかどうかが分かるでしょう。好みが把握できているのであれば、その中から選んであげてください。ただし、好きな物というものはすでに自分で購入していることもありますので、最初に友人に何が欲しいか聞いてしまうのも一つの手です。相手から聞いたものであれば、間違いありません。

もし、サプライズとして贈りたいと考えているのであれば、なるべく相手が持っていなそうなものを選ぶのがポイントです。被らない工夫が必要となる為、友人へのリサーチをしっかり行っておきましょう。結婚内祝いに関しては、相手が喜んでくれそうなものを選ぶというよりも、気持ちに対してのお返しですので、相手に負担にならないものを選ぶのも大切です。

© Copyright Congratulatory Gift. All Rights Reserved.