出産内祝いの選び方

出産内祝いを送る際の注意点

出産内祝いを贈るなら、まずに念頭に置くべきことがあります。感謝の気持なのだからより良い物をより高価なものをと考えてしまうかもしれませんが、あまり高価なものを贈るのは控えましょう。基本的に出産内祝いで贈る品は、出産祝いで頂いた物の半額分でお返しする「半返し」というマナーがあります。現代での内祝いはお祝いしてくれた方への感謝のお返しという側面があるため、相手よりも高価なものを返すと相手の善意をないがしろにしているように感じさせる危険性があるためです。当然内祝いが安すぎるのもやはり失礼にあたるので基本的に半返しを守るようにしましょう。

また出産内祝いには必ず挨拶状を添えて、受け取った相手へとこちらの気持ちが伝わるようにする配慮が必要です。出産内祝いを贈るのはおおよそお宮参りの頃、産後1ヶ月前後のが目安となっています。あまり遅れると相手も何の内祝いか忘れてしまうので注意しましょう。

貰っても困らないような物を贈る相手に合わせて選ぼう

送る相手の好みがわかっているのなら、相手の好んでいるものを予算の範囲内で贈るのが一番良いでしょう。しかし相手の好みがわからない場合はなるべく食べ物など、後に残らない消費できるものが向いています。小物や置物などを選んでしまうと相手の好みに合わなかった場合、相手も捨てづらいため返って置き場所の邪魔になってしまうためです。年配の相手や両親などにはお酒が喜ばれやすい傾向があります。中には酒樽入りのお酒で、外側のパッケージを子供の名前と生年月日などでデザインしてくれるサービスもあるため、命名カードを兼ねた贈り物にできます。またなるべく日持ちする物の方が、相手を献立や消費計画で混乱させずに済むため、ジャムや少し高級なアイスクリームなども比較的出産内祝いに適した贈り物と言えるでしょう。

© Copyright Congratulatory Gift. All Rights Reserved.