職場への結婚内祝い

こだわるのはよいが高額過ぎるとかえって失礼になるので注意

結婚が決まったら、職場の人から結婚祝いをいただく人も多いと思います。そこで必ずやらなければならないのが、お祝いをいただいた方たちに内祝いを送るということです。結婚後も職場でお世話になる方々へお祝いをいただいたことに対して感謝の気持ちをこめて気の利いたものを贈りたいところです。マナーとしては、金額は頂いたお祝いの半額から三分の一にとどめておくべきでしょう。あまり高額なものを贈ってもかえって、先方に気を使わせてしまい、失礼にもなってしまいます。また、金額がわかりやすいものなども避けるべきでしょう。そうはいっても、相手が喜んでくれるものを贈りたいですから、パートナーともよく相談して吟味して選びましょう。

結婚の内祝いとして何を選んだらよいのか

最も無難なものは、和菓子や洋菓子などの食べ物です。紅茶やお茶などの飲み物もオシャレなパッケージに入って贈り物に最適な商品があります。特に女性が多い職場であれば、甘いスイーツは好評ですし、年配の上司などには、高級な羊羹などの和菓子もよいでしょう。あまり甘いものが苦手そうな男性が多い職場であれば、こだわったちょっとお値段の高いおせんべいなども喜ばれます。食べ物以外であれば、タオルは誰でも使うことができるので内祝いとして贈るのに適しています。タオルを使わない人はまずいませんから、もらった方も無駄にすることはないですし、送る方も柄やブランドにこだわって選ぶことができます。またタオル同様、どなたでも使うハンカチもよいでしょう。価格帯も幅広く、男女で分けて選ぶこともできます。

© Copyright Congratulatory Gift. All Rights Reserved.